Office 365一覧

NO IMAGE

Office 365 Reporting web service の MessageTraceDetail をローカライズする

リファレンスには以下のように書いてありますが、きちんと Accept-Language ヘッダーをつけてあげると MessageTraceDetail のレスポンスはローカライズされます。 Explicitly set the Accept-Language HTTP request header. Currently there is nothing localized that comes through the Reporting web service, but that can change, and if your customers are using a differe...

NO IMAGE

Graph API で Exchange Online のメールボックスを作成する

Graph API では Exchange Online のメールボックスの作成はできないと思われがちですが、ユーザーの作成とライセンスの割り当てを行うことができるので、結果としてメールボックスの作成を行うことができます。 Step 1. ユーザーの作成 まずはユーザーを作成します。ポイントとしては、この時に usageLocation を指定することです。この例では JP (日本) を指定しています。 HTTP request POST Request body { accountEnabled:true, displayName:"testUser05", mailNickname:...

NO IMAGE

Outlook.com と Exchange Online の統合

Outlook.com と Exchange Online の統合がどんどん進んでいるようです。 先日より Office 365 API でいわゆる v2 endpoint を使った開発ができるようになりました。これにより、開発者は接続先が Outlook.com なのか Office 365 なのかを区別せずに同じ認証方式を使用して同じリクエストを投げることができるようになりました。 ただしこれは Outlook.com 側がまだ対応を開始したばかりなので、対応していないアカウントに接続すると MailboxNotEnabledForRESTAPI などのエラーが発生します。メイ...

NO IMAGE

Office 365 API 入門 – Web アプリケーション編

Office 365 で用意されている Office 365 API を使用すると、例えばプログラムからメールボックスの内容を参照したり、メールを送信したりといったユーザーの操作を行うことができるようになります。Exchange 2007 から使用できる EWS のほうがより高度なことが実現でき、開発者の人口が多く情報が集まりやすいのは事実ですが、Office 365 API はいわゆる REST 通信となるので Windows や .NET 以外のプラットフォームの開発者から好まれるように思います。 Office 365 API のリファレンスは MSDN で公開されていますが、実際に...