Exchange Online一覧

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用して Exchange Online からメールを送信する

PowerShell でメールを送信する方法としては Send-MailMessage コマンドがあります。ただし現在このコマンドの利用は推奨されていません。内部で使用する SmtpClient クラスの利用が推奨されない状況となっているためです。1st party の代替コマンドは用意されていないため、SMTP サーバーにメールを送信したい場合は 3rd party のモジュールを利用するか、SMTP でメールを送信する機能を自作する必要があります。 SMTP によるメール送信ではなく、Exchange Online のメールボックスからメールを送信するのであれば Microsoft...

Microsoft Graph で @メンション付きのメールを送信する

この記事では、執筆時点で beta バージョンでのみ利用可能な機能を紹介しています。本番環境での利用はサポートされませんので注意してください。また、公開情報にない利用方法を紹介しています。ご利用は自己責任でお願いします。 Microsoft Graph では beta バージョンで @メンションを扱うことができます。@メンションを使用することで、Outlook や Outlook on the web での @メンションと同じようなメールを送信することができます。 /sendMail を使用してメールを送信する場合、以下のようなリクエストを送信することで @メンション付きのメール...

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用して Exchange Online から予定を取得する

Microsoft Graph を使用すれば Exchange Online のメールボックスから予定を取得することができます。PowerShell を使用して実装する場合、Microsoft Graph PowerShell SDK を使用すると比較的簡単に取得することができるため、手順を紹介します。 なお PowerShell を使用するとはいえ、実際には Microsoft Graph を使用しますので、込み入った実装には Microsoft Graph に関する知識も必要になります。今回は Get-MgUserCalendarView コマンドを使用するので、Microsoft...

NO IMAGE

C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET 5.0 編)

他の実行環境向けの情報は以下からご確認ください。 C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Framework 4.7.2 編)C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Core 3.1 編) プログラムから Exchange へ PowerShell 接続する方法として、以下の技術情報が公開されています。 Get a list ...

NO IMAGE

C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Core 3.1 編)

他の実行環境向けの情報は以下からご確認ください。 C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Framework 4.7.2 編)C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET 5.0 編) プログラムから Exchange へ PowerShell 接続する方法として、以下の技術情報が公開されています。 Get a list of ma...

NO IMAGE

C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Framework 4.7.2 編)

他の実行環境向けの情報は以下からご確認ください。 C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET Core 3.1 編)C# で Exchange Online Remote PowerShell V2 Module を使用して Exchange Online へ接続する (.NET 5.0 編) プログラムから Exchange へ PowerShell 接続する方法として、以下の技術情報が公開されています。 Get a list of mail user...

Azure ポータルの [アプリの登録] で [サポートされるレガシ API] から Exchange を選択できない

Azure ポータルで Azure AD にアプリを登録した後、 - からアプリの使用するアクセス許可を事前に登録する場合があります。以前は以下のようにこの画面の に Exchange がありましたが、2020/11/18 ごろから Exchange は無くなりました。 これは、Outlook REST API の廃止がアナウンスされたことに起因するものです。Outlook REST API を使用する新しいアプリが登録できないように、 から Exchange が削除されました。 Outlook REST API も含め、複数の API がこの GUI の変更の影響を...

NO IMAGE

Exchange Online への PowerShell 接続を非対話的に行う方法

Exchange Online の基本認証無効化および Exchange Online PowerShell V2 Module のリリースに伴い、従来の接続方法からよりセキュアな方法へ見直しが必要になっています。特に夜間バッチなどの自動化システムにおいて、どのように非対話的に Exchange Online へ接続するかを検討する必要があります。 この記事では、非対話的に接続するための考えられる方法と、そのメリット・デメリットを紹介します。 考えられる方法: 従来のまま New-PSSession に -Credential で資格情報を渡す従来の Exchange On...

Microsoft Graph で会議の別の時間を提案する

2020 年 7 月の更新で、会議出席依頼における新しい時間の提案に関するプロパティが Microsoft Graph に追加されました。 実際に動きを見てみましょう。まず以下のように User01 から User02 へ明示的に allowNewTimeProposals を true にした会議出席依頼を送信します。 POST { "subject": "Let's go for lunch", "body": { "contentType": "HTML", "content": "Does late morning work for...

NO IMAGE

OAuth を使って Exchange Online に POP で接続する

Exchange Online の基本認証無効化に向けて、POP でも OAuth がサポートされるようになりました。開発者向けの情報は以下のページに記載されています。 C# で実装する場合の基本的な内容を作成したので、以下にサンプル コードを紹介します。コード自体に対する説明は特にないので、上記の開発者向けページと併せて読んでいただければと思います。必要最低限の内容のみを実装しているため、本格的に実装を行うには Microsoft Identity Platform や POP の知識が必要になります。C# のコンソール アプリケーションとなっており、認証ライブラリとして MSAL ...