Office 365一覧

Power Automate で Microsoft Graph reports API を利用する

Microsoft 365 管理センターで取得できるレポートは、Microsoft Graph reports API でも取得できます。そのため Microsoft Graph を使用してレポートの取得を自動化するようなことも可能です。ここでは Power Automate で Microsoft Graph reports API を利用するフローの作成方法を紹介します。取得したレポートはメールに添付して送信します。 基本的な Microsoft Graph reports API の試し方については Microsoft Graph reports API の試し方を参照してくださ...

NO IMAGE

Microsoft Graph reports API の試し方

Microsoft Graph を試すには Graph Explorer を使用するのが簡単です。ですが Microsoft 365 のレポートを取得できる Microsoft Graph reports API は現在の Graph Explorer では正しく結果を取得することができません。これは、reports API のレスポンスが 302 リダイレクトになっており、リダイレクトを正しく処理できないためです。そのため、ここでは Office365APIEditor を使用して Microsoft Graph reports API の動作を検証する方法を紹介します。紹介するのは ge...

NO IMAGE

Exchange Online の全ユーザーのメールボックスを取得する

Exchange Online PowerShell V2 Module の登場で、大量のオブジェクトでも通信が安定するようになりました。この記事の内容は初回投稿のまま残していますが、現在は Get-EXOMailbox コマンドを使用することで大量のメールボックスも取得しやすくなっています。 Exchange Online では、以下のような全ユーザーを取得するコマンドが失敗するという話をよく聞きます。 Get-Mailbox -ResultSize Unlimited これは割と有名な話で、特に大規模な環境でユーザー数が多いと失敗します。データ量が多くなることが問題の ...

NO IMAGE

Office 365 の監査ログを全部取得したい?

本当に監査ログを取得する必要があるのか Office 365 の監査ログを長期に渡って保存する必要があり全部取得したいという話を時々聞きます。そんな時は、一度冷静に考える必要があります。 なぜ 3 か月 (もしくは 1 年または 10 年) 以上保存する必要があるのか 監査ログを取得しなかったら何が起きるのか 取得したとして、どうやって保存するのか 保存した監査ログをどうやって検索するのか 根本的に、Office 365 の監査ログの保存期間は原則 3 か月です。Office 365 E5 / Microsoft 365 E5 / Microsoft 365 E5 C...

NO IMAGE

Office 365 Management Activity API の試し方

Office 365 Management Activity API を簡単に試す方法はありませんが、Office365APIEditor を使用することで比較的簡単に動作を確認できます。紹介するのは Exchange 関連の監査ログの取得方法のみですが、同じ要領で他の監査ログも取得できます。Office365APIEditor の通信を Fiddler で取得すれば、どのような通信が行われているのか確認することができます。実際に Office 365 Management Activity API を使用するアプリケーションを開発する場合は、これらの通信を実装することになります。なお前提と...

NO IMAGE

Office 365 Reporting Web サービスの試し方

Office 365 Reporting Web Service を簡単に試す方法はありませんが、PowerShell を使用することで比較的簡単に動作を確認できます。紹介するのはメッセージ追跡ログの取得方法のみですが、同じ要領で他のレポートも取得できます。 PowerShell で試す Windows PowerShell を起動します。以下のようにコマンドを実行します。認証ダイアログが表示されたら Office 365 の管理者の資格情報を入力してください。ここでは検索条件として差出人のメール アドレスを指定しているので、適宜変更してください。 $Credential ...

NO IMAGE

Office 365 Reporting web service の MessageTraceDetail をローカライズする

リファレンスには以下のように書いてありますが、きちんと Accept-Language ヘッダーをつけてあげると MessageTraceDetail のレスポンスはローカライズされます。 Explicitly set the Accept-Language HTTP request header. Currently there is nothing localized that comes through the Reporting web service, but that can change, and if your customers are using a differe...

NO IMAGE

Office 365 で利用可能なメッセージング関連 API について

Office 365 の一部である Exchange Online ではメールや予定表など様々な機能がありますが、これらの各ユーザーのメールボックス上の情報にプログラムからアクセスするためにいくつかの API が用意されています。 様々なアプローチがあるため API も多数ありますが、ここでは EWS / Office 365 API (Outlook REST API) / Microsoft Graph にフォーカスを当てて説明します。 EWS EWS (Exchange Web Services) は、もともとオンプレミスの Exchange 2007 以降で導入された W...

NO IMAGE

Microsoft Graph で Exchange Online のメールボックスを作成する

Microsoft Graph では Exchange Online のメールボックスの作成はできないと思われがちですが、ユーザーの作成とライセンスの割り当てを行うことができるので、結果としてメールボックスの作成を行うことができます。 Step 1. ユーザーの作成 まずはユーザーを作成します。ポイントとしては、この時に usageLocation を指定することです。この例では JP (日本) を指定しています。その他の値は適宜変更してください。 POST { "accountEnabled": true, "displayName": "testUs...

NO IMAGE

Office 365 API 入門 – Web アプリケーション編

Office 365 で用意されている Office 365 API を使用すると、例えばプログラムからメールボックスの内容を参照したり、メールを送信したりといったユーザーの操作を行うことができるようになります。Exchange 2007 から使用できる EWS のほうがより高度なことが実現でき、開発者の人口が多く情報が集まりやすいのは事実ですが、Office 365 API はいわゆる REST 通信となるので Windows や .NET 以外のプラットフォームの開発者から好まれるように思います。 Office 365 API のリファレンスは MSDN で公開されていますが、実際に...