Microsoft Graph reports API の試し方

Microsoft Graph を試すには Graph Explorer を使用するのが簡単です。ですが Microsoft 365 のレポートを取得できる Microsoft Graph reports API は現在の Graph Explorer では正しく結果を取得することができません。これは、reports API のレスポンスが 302 リダイレクトになっており、リダイレクトを正しく処理できないためです。そのため、ここでは Office365APIEditor を使用して Microsoft Graph reports API の動作を検証する方法を紹介します。紹介するのは getEmailActivityUserDetail のみですが、同じ要領で他のレポートも取得できます。

一般的な Microsoft Graph の試し方については Microsoft Graph の試し方を参照してください。

[委任されたアクセス許可] を Office365APIEditor で試す (ビルトイン編)

アクセス トークンの種類Delegated token
ツールOffice365APIEditor
認証エンドポイントv2.0
APIMicrosoft Graph

アクセス トークンの取得以外に、操作するユーザーには全体管理者等の管理者の役割が付与されている必要があります。詳しくは Authorization for APIs to read Microsoft 365 usage reports を参照してください。

  1. Office365APIEditor をインストールして起動します。
  2. [Tools] – [New Editor] をクリックします。
  3. [File] – [New Access Token] をクリックします。
  4. [I have not registered the application.] を選択して [Next] をクリックします。
  5. [Office365APIEditor built-in application] を選択して [Next] をクリックします。
  6. [Scope editor] をクリックします。
  7. [Deselect all] をクリックします。
  8. 一覧の中から [ https://graph.microsoft.com/Reports.Read.All ] のチェックをオンにして [OK] をクリックします。
  9. [Next] をクリックします。
  10. Office 365 の管理者でサインインします。
  11. [Tools] – [Option] をクリックします。
  12. [General] タブの [Allow auto redirect] のチェックをオンにして [OK] をクリックします。
  13. 上部ペインの [Request] に「https://graph.microsoft.com/v1.0/reports/getEmailActivityUserDetail(period=’D7′)」と入力して [Run] をクリックします。
  14. 下部ペインの [CSV] にレポートの内容が表示されます。[Save this CSV file] をクリックしてファイルとして保存することも可能です。

[委任されたアクセス許可] を Office365APIEditor で試す (カスタム アプリ編)

アクセス トークンの種類Delegated token
ツールOffice365APIEditor
認証エンドポイントv2.0
APIMicrosoft Graph

アクセス トークンの取得以外に、操作するユーザーには全体管理者等の管理者の役割が付与されている必要があります。詳しくは Authorization for APIs to read Microsoft 365 usage reports を参照してください。

  1. Azure Portal にサインインします。
  2. [Active Directory] – [アプリの登録] – [新規登録] をクリックします。
  3. [名前] に任意のアプリの名前を入力します。(例 : App01)
  4. [サポートされているアカウントの種類] から [この組織のディレクトリ内のアカウントのみ] を選択します。
  5. [リダイレクト URI] で [パブリック クライアント (モバイルとデスクトップ)] を選択し、任意の URI を入力します。(例 : https://localhost/App01)
  6. [登録] をクリックします。
  7. 表示された [アプリケーション (クライアント) ID] の値を控えておきます。
  8. [管理] – [API のアクセス許可] をクリックします。
  9. Office365APIEditor をインストールして起動します。
  10. [Tools] – [New Editor] をクリックします。
  11. [File] – [New Access Token] をクリックします。
  12. [v2.0 Endpoint] を選択して [Next] をクリックします。
  13. [Public client/native (mobile & desktop) app] を選択して [Next] をクリックします。
  14. [Tenant Name] にアプリを登録したテナントの onmicrosoft.com のドメイン名を入力します。(例 : contoso.onmicrosoft.com)
  15. [Application ID] に手順 7 で控えた値を入力します。
  16. [Redirect URI] に手順 5 で入力した URI を入力します。
  17. [Scope editor] をクリックします。
  18. [Deselect all] をクリックします。
  19. 一覧の中から [ https://graph.microsoft.com/Reports.Read.All ] のチェックをオンにして [OK] をクリックします。
  20. [Next] をクリックします。
  21. Office 365 の管理者でサインインします。
  22. [Tools] – [Option] をクリックします。
  23. [General] タブの [Allow auto redirect] のチェックをオンにして [OK] をクリックします。
  24. 上部ペインの [Request] に「https://graph.microsoft.com/v1.0/reports/getEmailActivityUserDetail(period=’D7′)」と入力して [Run] をクリックします。
  25. 下部ペインの [CSV] にレポートの内容が表示されます。[Save this CSV file] をクリックしてファイルとして保存することも可能です。

[アプリケーションの許可] を Office365APIEditor で試す

アクセス トークンの種類App-Only token
ツールOffice365APIEditor
認証エンドポイントv2.0
APIMicrosoft Graph
  1. Azure Portal に Office 365 の管理者でサインインします。
  2. [Active Directory] – [アプリの登録] – [新規登録] をクリックします。
  3. [名前] に任意のアプリの名前を入力します。(例 : App02)
  4. [サポートされているアカウントの種類] から [この組織のディレクトリ内のアカウントのみ] を選択します。
  5. [リダイレクト URI] で [Web] を選択し、任意の URI を入力します。(例 : https://localhost/App02)
  6. [登録] をクリックします。
  7. 表示された [アプリケーション (クライアント) ID] の値を控えておきます。
  8. [管理] – [証明書とシークレット] をクリックします。
  9. [新しいクライアント シークレット] をクリックします。
  10. [説明] に任意の説明を入力します。(例 : Key1)
  11. [有効期限] から任意の有効期限を選択します。(例 : なし)
  12. [追加] をクリックします。
  13. 表示されたクライアント シークレットの値を控えておきます。
  14. [管理] – [API のアクセス許可] をクリックします。
  15. [アクセス許可の追加] をクリックします。
  16. [Microsoft Graph] をクリックします。
  17. [アプリケーションの許可] をクリックします。
  18. [Reports] – [Reports.Read.All] のチェックをオンにします。
  19. [アクセス許可の追加] をクリックします。
  20. [<テナント名> に管理者の同意を与えます] をクリックします。
  21. [はい] をクリックします。
  22. Office365APIEditor をインストールして起動します。
  23. [Tools] – [New Editor] をクリックします。
  24. [File] – [New Access Token] をクリックします。
  25. [v2.0 Endpoint] を選択して [Next] をクリックします。
  26. [Web app (Use App Only Token by client secret for Microsoft Graph)] を選択して [Next] をクリックします。
  27. [Tenant Name] にアプリを登録したテナントの onmicrosoft.com のドメイン名を入力します。(例 : contoso.onmicrosoft.com)
  28. [Application ID] に手順 7 で控えた値を入力します。
  29. [Password] に手順 13 で控えた値を入力します。
  30. [Next] をクリックします。
  31. [Tools] – [Option] をクリックします。
  32. [General] タブの [Allow auto redirect] のチェックをオンにして [OK] をクリックします。
  33. 上部ペインの [Request] に「https://graph.microsoft.com/v1.0/reports/getEmailActivityUserDetail(period=’D7′)」と入力して [Run] をクリックします。
  34. 下部ペインの [CSV] にレポートの内容が表示されます。[Save this CSV file] をクリックしてファイルとして保存することも可能です。