Microsoft Graph一覧

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用して Exchange Online からメールを送信する

PowerShell でメールを送信する方法としては Send-MailMessage コマンドがあります。ただし現在このコマンドの利用は推奨されていません。内部で使用する SmtpClient クラスの利用が推奨されない状況となっているためです。1st party の代替コマンドは用意されていないため、SMTP サーバーにメールを送信したい場合は 3rd party のモジュールを利用するか、SMTP でメールを送信する機能を自作する必要があります。 SMTP によるメール送信ではなく、Exchange Online のメールボックスからメールを送信するのであれば Microsoft...

Microsoft Graph で @メンション付きのメールを送信する

この記事では、執筆時点で beta バージョンでのみ利用可能な機能を紹介しています。本番環境での利用はサポートされませんので注意してください。また、公開情報にない利用方法を紹介しています。ご利用は自己責任でお願いします。 Microsoft Graph では beta バージョンで @メンションを扱うことができます。@メンションを使用することで、Outlook や Outlook on the web での @メンションと同じようなメールを送信することができます。 /sendMail を使用してメールを送信する場合、以下のようなリクエストを送信することで @メンション付きのメール...

Microsoft Graph PowerShell SDK の特定のモジュールのみを利用する

Microsoft Graph PowerShell SDK は数十個のモジュールから構成されています。すべてをまとめてインストールするには、各モジュールへのポインタとなっている Microsoft.Graph モジュールをインストールすることで対応が可能ですが、モジュールの数が多いのでそれなりに時間がかかります。 もし特定のコマンドだけを利用したいということであれば、そのコマンドが含まれるモジュールのみをインストールし、利用することが可能です。 なお基本的な Microsoft Graph PowerShell SDK のインストール方法に関しては以下の公開情報が公開されていま...

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用して Exchange Online から予定を取得する

Microsoft Graph を使用すれば Exchange Online のメールボックスから予定を取得することができます。PowerShell を使用して実装する場合、Microsoft Graph PowerShell SDK を使用すると比較的簡単に取得することができるため、手順を紹介します。 なお PowerShell を使用するとはいえ、実際には Microsoft Graph を使用しますので、込み入った実装には Microsoft Graph に関する知識も必要になります。今回は Get-MgUserCalendarView コマンドを使用するので、Microsoft...

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用した Microsoft 365 のライセンス管理の方法

Microsoft Graph PowerShell SDK を使用した Microsoft 365 のライセンス管理の方法を紹介します。なお紹介する内容は、一部特筆している個所を除き以下の環境で動作確認をしています。 Microsoft Graph PowerShell SDK 1.6.1Windows PowerShell 5.1PowerShell 7.1.4 Microsoft Graph PowerShell SDK について Microsoft Graph PowerShell SDK はオープン ソースで開発されている PowerShell Module で、...

NO IMAGE

PR_ENTRYID を Microsoft Graph の REST ID に変換する

MFCMAPI で確認できるアイテムやフォルダーの PR_ENTRYID の値を、Microsoft Graph で使用できる REST ID 形式に変換する方法を紹介します。 たとえば PR_ENTRYID の値が以下だったとします。 000000008D6CA63CDFB18D44933B27DCE7E85C5207001E0CC5CE7C4D0446BE4F970F82B9B02600000000010C00001E0CC5CE7C4D0446BE4F970F82B9B0260002FC5A18060000 これはバイナリ データを 16 進数で表現しています。Mic...

Power Automate で Microsoft Graph reports API を利用する

Microsoft 365 管理センターで取得できるレポートは、Microsoft Graph reports API でも取得できます。そのため Microsoft Graph を使用してレポートの取得を自動化するようなことも可能です。ここでは Power Automate で Microsoft Graph reports API を利用するフローの作成方法を紹介します。取得したレポートはメールに添付して送信します。 基本的な Microsoft Graph reports API の試し方については Microsoft Graph reports API の試し方を参照してくださ...

NO IMAGE

Microsoft Graph reports API の試し方

Microsoft Graph を試すには Graph Explorer を使用するのが簡単です。ですが Microsoft 365 のレポートを取得できる Microsoft Graph reports API は現在の Graph Explorer では正しく結果を取得することができません。これは、reports API のレスポンスが 302 リダイレクトになっており、リダイレクトを正しく処理できないためです。そのため、ここでは Office365APIEditor を使用して Microsoft Graph reports API の動作を検証する方法を紹介します。紹介するのは ge...

NO IMAGE

Microsoft Graph PowerShell SDK の試し方

Microsoft Graph を使用する方法として、Microsoft Graph PowerShell SDK を使用する方法があります。もともと SDK を使用しなくても PowerShell なら比較的容易に Microsoft Graph をはじめとした REST API を使用できますが、なるべく自分でコードを書きたくない場合は Microsoft Graph PowerShell SDK を使用するというのも選択肢になります。 なお Microsoft Graph PowerShell SDK はすでに GA していますが、ところどころ実装が不安定なものがあるので注意が必...

NO IMAGE

Microsoft Graph Event Resource の transactionId プロパティ

2020 年 9 月の更新で、Microsoft Graph の Event Resource に transactionId というプロパティが追加されました。これは、ネットワークの品質が悪い環境などで新しい予定を何度も作ってしまうことを防ぐのに使えるプロパティです。 まずはじめに、予定を作る際に以下のように transactionId を指定してリクエストを送信します。transactionId は何でもよいですが、ここでは意味を持たないランダムな値として GUID を使いました。 POST { "attendees": [], &...